自動車購入時の初期費用の抑え方

車の節約術として肝心カナメなのは、初期費用をいかに抑えるかです。

 

私の経験から、自動車の購入時と任意保険の選びかたという2点からの節約術を紹介します。

 

English: Hyundai Hyogo(one of Hyundai Motor Ja...

 

〇競合で安くなると思ったら大間違い! 新車購入法

 

新車を安く買う際「車同士を競合させれば安くなる」と言われていますが、一概には言えません。
なぜかといえば、ディーラーもさるもので、そんなことは承知済みだからです。友人のディーラーさんから聞いた話では、明らかに競合値引きを狙っている客には、逆に値引きをしないんだそうです。
第一、1万円、2万円安くするために、何度もディーラーへ足を運ぶ方がよっぽど不経済です。

私の場合、ほとんど値引きゼロと言われた車を1発で10万円近く値引いたことがあります。

 

ネットで相場を確認。一度帰宅するフリも有効

戦法は単純です。雑誌やネットで値引き相場を確かめて、そこに上乗せして値引き価格を設定。いきなりディーラに乗り込んで「○○円なら買います!」と宣言するのです。ディーラーも人の子、一発で落ちますね。
そこからさらに鬼になって、前言を翻し「やっぱり、家に帰ってもう一度考えます」といえば、ここで逃がしてなるものかと「じゃあ、今日決めてくれたらガソリン満タン納車にします」くらいのことは言ってくれますよ。
もちろん、決算期が狙い目なのは言うまでもありません。

 

〇競合を賭けるならむしろ任意保険

新車の値引き交渉で燃えつきたのか、自動車保険をディーラーでお願いしてしまう人も少なくありません。実はこのほうがよっぽど不経済。任意保険こそ競合をかけましょう。

まずは価格の安いネット系の自動車保険を抑えておきましょう。同時に、店舗型の損保さんからも複数見積もりをもらいます。

保険を競合する一番のメリットは、比較することで「特約」に気づくことです。例えば「運転者家族限定」という特約をすれば1万円以上保険代を安くできるのですが、保険屋さんも商売なので、そのことを教えてくれません。じっくりと比較検討することで「あれ?」と気がつくわけです。

私は保険を競合したことで、ディーラー保険にくらべ半額近く安くなった経験があります。保険代はずっと続くもの。ディーラーで砂を噛むような価格交渉するよりも、保険代を値引いた方がよっぽど効果的です。

*PR*

■愛車を購入・売却・査定する際に無料見積もりで少しでも得するサイト

中古車無料お探しサービス【ズバット車販売】

■車を車検に出すときに比較問合せできるサイト

楽天車検

//

自動車保険は総合保険商社で節約するとう選択

生命保険は、定期的に変更していくことをオススメ

English: Changi International Airport business...
とても面倒なことですが、毎月の支出を考えると、保険の支払いがこれほど無駄なものはありません。
保険は、毎月2万円を払うと、当たり前ですが年に24万円を支払うことになります。
病気や怪我や事故が無い時は、24万円をすてるということになります。
保険とはそんなものですね。
財布に24万円入っていることってありますか?

特定の条件を満たせば、安い保険に入ることは出来ます。
例えば、血圧が正常である、タバコを吸っていない、などの健康に対する質問をクリアできれば、内容がそのままでも、良い保険に入ることが出来るのです。

問題は保険の担当者が総合保険の人間か、専属の人間かということです。
もし、専属の保険屋であるならば、そこの保険より安い、他社の保険を勧めてくることはありえません。
しかし総合保険営業マンの場合は、全ての保険を用意していますので、納得のいく保険を用意してくれます。
インターネットで予約は出来ますが、心配なことが多いので、二人以上で立会うことが無難な対応かと思います。

安いイメージのある障害保険で、死亡保険がついていないものなどは、保険の会社によって安いものは多数存在しています。
死亡保険は死んだら困る家族の為の保険ですので、もし結婚もしていない独身の方が入っているのであれば、即刻やめてもらっても問題ないと思います。

そんなことにお金を使うのであれば、一円でも貯金に回した方が得策です。
結婚するときには、新しい保険商品が出ているので、その時に保険を考えることが一番です。

保険は若くに入っても、歳を取るにつれて保険料は上がっていきます。
どちらにしても、保険料があがるのであれば、病気になる直前に保険に入ればいいのです。

無駄にお金を使うことはやめて、貯めることに意識しましょう。
保険に入るときは総合保険商社の方にお願いすることで、経費の削減になるということを、覚えておきましょう。

<PR>自動車保険を選ぶ際に、無料の見積りサイトは必見。

無料!自動車保険最大20社一括見積もりできます。比較してお得に♪

ネット保険を見る!!

比較.com「自動車保険一括見積り」

e自動車保険.com

//

自動車任意保険の保険料の節約

保険」という言葉を聞くとどうしても保険料のことが気になります。その中でも、「自動車保険」について取り上げたいと思います。

自動車保険会社の選び方

Fukoku Mutual Life Insurance (富国生命保険), in Chiy...

まず、どこの自動車保険会社の保険に加入すればよいかということからです。種類は大きく分けて2つに分かれると思います。1つは車を購入したディーラーで加入する保険です。事故対応はディーラーの方に電話すれば素早い対応で示談に向けた手続きの方法をタイミングよく教えてくれます。もう1つは最近CMで話題のネットで加入する保険です。年齢にもよりますが、車両保険を付けてさらにロードサービスをつけて3から4万円しかかからないというのが売りです。では事故対応の安心感はというと、広告では90%以上の方が満足していると宣伝しています。

 

どちらが安い?ディーラー保険かネット保険か

 

ここでどちらがお得感があるかということになりますが、ディーラーの平均的な保険料はこちらも年齢にもよりますが、ネットの保険と同条件の場合10万円弱になります。用は自分でどれだけ動けるかにかかってくるかもしれません。自分で万が一の時に動けるのであれば、ネットの保険に加入すれば安いのでおすすめですが、そうでなければサービスの面でかえって高くなることもあるので本当の保険料の節約の意味を個人それぞれが考える必要があると思います。

 

どちらが安い?自走者保険の加入後のランニングコスト

次に加入後のラーニングコストについて取り上げますが、これは2タイプ共通なのでまとめておきます。保険料を安くキープしていくには事故を起こさず、保険を使わないことに尽きると思います。保険を使わなければ一定にいくまで割引率が増加するので自然と安くなります。もし保険を使うと割引率が少なくなりコストが増加するので注意が必要です。

自動車保険でオプションをつけるべきかどうか?

最後にこれも共通しているのですが、自分にとってどのオプションが必要かどうかです。事故を起こしたときの対人、対物賠償の金額の無制限や車両保険はまず必要だと思います。しかしオプションの数は沢山有り、本当に必要なものだけを選ばないと、勧められるものすべてに加入してしまうと保険はいい内容になりますが費用がかさむ原因になるのでよく考えたほうがいいと感じます。

Enhanced by Zemanta
//

家計の見直し!(自動車購入時の保険等)

確実な節約方法

今、日本国内では株価が上がり、景気が上向き傾向にあると言われています。

しかし、少し前までは「景気が悪い」、「給料が上がらない」、「ボーナスが低い」と言った負の要素ばかりが言われ続けてきました。

I_could_sell_car_insurance_with_this_photo

だからこそ、いつまた前と同じ状況になるかわからないという不安は誰しも抱えているものだと思います。
基本給の昇給は私たちの家計にも大きく変化を与えます。

昇給はしないけれど、ガソリンや灯油、卵などの生活必需品の物価が上がると、必然的に家計を圧迫していきます。

そこで、家計のためにも節約を考えなければいけません。

今までは節約の候補として注目されやすかったのが、光熱費ですが、光熱費は原料の価格にも左右されてしまい、使用量は減っても使用料は大きく下がらないということもありました。

つまり、確実に節約が出来るというわけではないということです。

特に、円安になると原油価格も上がり、灯油やガソリンも値上がりし、使用量の減少よりも単価上昇の影響が大きくなることがあります。

そこで、確実に節約できるところを、家計の支出の中から見極める必要があります。

今回は、その中でも自動車保険について、私が分かる範囲でまとめてみました。

通販型自動車保険

まずは、皆さんもご存知だと思いますが、契約者(運転者)の年齢や保険の使用、未使用により保険料に差が出てきます。

しかし、それでは、年齢が上がるまで待たなければいけないため、保険料が安くなるまで時間が掛かってしまいます。

そこで、インターネットや電話などを介した通販型保険に切り替えると、保険内容や受けられるサービスはほとんど変わらずに、保険料を安くすることが出来ます。

保険料を安くすることが出来るのは、営業所を構えているか、いないかという違いが大きく、営業所を構えるということは、それだけ人件費や光熱費などの諸経費が掛かり、それが保険料に反映されてしまうからです。

通販型の注意点

しかし、通販型の保険に切り替える時に気を付けなければいけないのは、今までのように営業担当者の説明がないので、ある程度保険内容を理解しておく必要があるということです。

これさえクリアできれば、インターネットで通販型の保険会社の見積もりを一括で請求して、より安価な保険会社と契約することが出来るようになり、家計への負担も大きく減らすことが出来るようになります。

一度見積もりを取ってみることをおすすめします。

//