自動車任意保険の保険料の節約

保険」という言葉を聞くとどうしても保険料のことが気になります。その中でも、「自動車保険」について取り上げたいと思います。

自動車保険会社の選び方

Fukoku Mutual Life Insurance (富国生命保険), in Chiy...

まず、どこの自動車保険会社の保険に加入すればよいかということからです。種類は大きく分けて2つに分かれると思います。1つは車を購入したディーラーで加入する保険です。事故対応はディーラーの方に電話すれば素早い対応で示談に向けた手続きの方法をタイミングよく教えてくれます。もう1つは最近CMで話題のネットで加入する保険です。年齢にもよりますが、車両保険を付けてさらにロードサービスをつけて3から4万円しかかからないというのが売りです。では事故対応の安心感はというと、広告では90%以上の方が満足していると宣伝しています。

 

どちらが安い?ディーラー保険かネット保険か

 

ここでどちらがお得感があるかということになりますが、ディーラーの平均的な保険料はこちらも年齢にもよりますが、ネットの保険と同条件の場合10万円弱になります。用は自分でどれだけ動けるかにかかってくるかもしれません。自分で万が一の時に動けるのであれば、ネットの保険に加入すれば安いのでおすすめですが、そうでなければサービスの面でかえって高くなることもあるので本当の保険料の節約の意味を個人それぞれが考える必要があると思います。

 

どちらが安い?自走者保険の加入後のランニングコスト

次に加入後のラーニングコストについて取り上げますが、これは2タイプ共通なのでまとめておきます。保険料を安くキープしていくには事故を起こさず、保険を使わないことに尽きると思います。保険を使わなければ一定にいくまで割引率が増加するので自然と安くなります。もし保険を使うと割引率が少なくなりコストが増加するので注意が必要です。

自動車保険でオプションをつけるべきかどうか?

最後にこれも共通しているのですが、自分にとってどのオプションが必要かどうかです。事故を起こしたときの対人、対物賠償の金額の無制限や車両保険はまず必要だと思います。しかしオプションの数は沢山有り、本当に必要なものだけを選ばないと、勧められるものすべてに加入してしまうと保険はいい内容になりますが費用がかさむ原因になるのでよく考えたほうがいいと感じます。

Enhanced by Zemanta