クルマの車検代、税金、保険料を安くする方法

 

自動車保険料を安くする

ENEOSのガソリンスタンド。

車の保険では安いものが多くありますので、節約するとなると保険一括見積もりを使用すれば良いでしょう。

会社は選べませんが、安い保険は簡単に見つけることができます。
一次店や二次店などと考えると、インターネット上での取引は、一次店ということになりますので、節約するには一番だと思います。

自動車にかかる税金を安くする

他にも節約する部分は多くあります。
車には自動車税というものがあります。
これは毎年かかる税金ですが、持っているだけでお金を払わないといけないという、なんとも意味の分からない税金です。

軽ならば、7200円で更新することが出来ますので、普通車よりもかなりの割安になりますね。
税金が上がる前に軽に乗り換えるのも、一つの手ではないでしょうか。

他にも自動車取得税がかかりますが、50万円以下の車であれば、非課税になります。
中古車で軽ならば、かなりの節約ができます。

これも節約のポイントですね。

 

車検にかかる費用を安くする方法(工場に持って行く)

車の中で節約できるものとしたら、あとは車検費用ではないでしょうか。
軽自動車で、車検を通すとなるとディーラーに持っていくと何もせずに、6万7万のお金を請求されてしまいます。

自分で工場に持って行くと、軽自動車ならば通すだけならば、4万円で行けます。

手間はかかりますが、最低3社の見積もりをしてもらうことが必要になりますね。

あまりに高い場所は、なにか怪しくなります。
どこの作業場に行っても、同じような見積もりにならないとおかしいのです。

儲け重視の会社は自社のオイルを使ったりして、部品の取替えの数を多くしていきます。

そんなに部品を交換する理由は、部品だけで儲けが出るのに、それに加えて手間料も取れるのですから、ボロ儲けの仕事になります。

少しでも気に障ることがあれば、その車検場ではしないことですね。

本当の車検工場に自分で持って行くという手段もありますが、近いところが一番です。

ガソリンスタンドとカー用品と個人車屋さんに、見積もりしてもらえば十分です。

もちろん、見積もり無料のところに持っていくことが条件ですね。

節約できることろは、確実に節約していきましょう。

Enhanced by Zemanta