自動車購入時の初期費用の抑え方

車の節約術として肝心カナメなのは、初期費用をいかに抑えるかです。

 

私の経験から、自動車の購入時と任意保険の選びかたという2点からの節約術を紹介します。

 

English: Hyundai Hyogo(one of Hyundai Motor Ja...

 

〇競合で安くなると思ったら大間違い! 新車購入法

 

新車を安く買う際「車同士を競合させれば安くなる」と言われていますが、一概には言えません。
なぜかといえば、ディーラーもさるもので、そんなことは承知済みだからです。友人のディーラーさんから聞いた話では、明らかに競合値引きを狙っている客には、逆に値引きをしないんだそうです。
第一、1万円、2万円安くするために、何度もディーラーへ足を運ぶ方がよっぽど不経済です。

私の場合、ほとんど値引きゼロと言われた車を1発で10万円近く値引いたことがあります。

 

ネットで相場を確認。一度帰宅するフリも有効

戦法は単純です。雑誌やネットで値引き相場を確かめて、そこに上乗せして値引き価格を設定。いきなりディーラに乗り込んで「○○円なら買います!」と宣言するのです。ディーラーも人の子、一発で落ちますね。
そこからさらに鬼になって、前言を翻し「やっぱり、家に帰ってもう一度考えます」といえば、ここで逃がしてなるものかと「じゃあ、今日決めてくれたらガソリン満タン納車にします」くらいのことは言ってくれますよ。
もちろん、決算期が狙い目なのは言うまでもありません。

 

〇競合を賭けるならむしろ任意保険

新車の値引き交渉で燃えつきたのか、自動車保険をディーラーでお願いしてしまう人も少なくありません。実はこのほうがよっぽど不経済。任意保険こそ競合をかけましょう。

まずは価格の安いネット系の自動車保険を抑えておきましょう。同時に、店舗型の損保さんからも複数見積もりをもらいます。

保険を競合する一番のメリットは、比較することで「特約」に気づくことです。例えば「運転者家族限定」という特約をすれば1万円以上保険代を安くできるのですが、保険屋さんも商売なので、そのことを教えてくれません。じっくりと比較検討することで「あれ?」と気がつくわけです。

私は保険を競合したことで、ディーラー保険にくらべ半額近く安くなった経験があります。保険代はずっと続くもの。ディーラーで砂を噛むような価格交渉するよりも、保険代を値引いた方がよっぽど効果的です。

*PR*

■愛車を購入・売却・査定する際に無料見積もりで少しでも得するサイト

中古車無料お探しサービス【ズバット車販売】

■車を車検に出すときに比較問合せできるサイト

楽天車検