定番の人気家計簿アプリまとめ・比較

盛り上がりつつある家計簿アプリですが、特に人気のあるアプリをまとめました。

使い勝手・機能・価格など。

計算機(電卓)アプリ

Dr.Wallet (ドクターウォレット)

https://www.drwallet.jp/

レシートの写真を撮ってクラウド側にアップロードすると、なんと手作業で金額とカテゴリ(食費、交通代等)を入力して分類してくれるアプリ。おそらくオフショア(海外で外国人が入力)していると思われ、若干のカテゴリの間違いなどもあるが、厳密に管理しない場合は問題ないレベル。もちろん自分でも修正できる。手入力で家計簿を作ってくれる、アンドロイド、iphone,ipadのアプリは今のところこれが唯一。月100枚のレシートまでは人力入力全てが無料。それ以上の枚数や、直ぐに入力してほしい時は有料プランがある。

 

マネーフォワード

https://moneyforward.com/

自分の銀行口座や証券口座、クレジットカードのデータと連携・統合してくれ、家計簿を自らつけなくても自動的に毎月の入金、出勤を管理してくれるアプリ。銀行こう口座を複数もっているひとや、株式等の証券口座も一まとめに管理したい人にはうってつけ。ただ、現金で引き出して買い物した場合は、それが食費なのか雑費なのか分類できない為、自分で入力する必要がある。その場合は連携しているRecoRecoの家計簿アプリで入力すれば反映されることになる。

 

RecoReco

レシートをスマホのカメラで撮ればOCR(文字認識)により、自動的に入力してくれる家計簿アプリ。下記の機能がそなわっているが、OCRという意味では他の家計簿アプリとそれほど使い勝手に違いはない。ビックデータのブレインパッド社が提供しているため、将来的に最適なクーポンが得られたりするかもしれない。

■CSVファイル、Evernote、Web家計簿に出力
■チラシ、レシピ等外部サービス連携も充実
■フォト/メモ機能を使ってライフログ
■グラフ/表で見やすい比較レポート
■落としてすぐに使える費目+フリータグ

Zaim

http://zaim.net/

日本では定番で有名な家計簿アプリ。レシートのOCR(文字認識)に対応していることはもちろん、音声認識にも対応している。音声認識では、「食費 2500円」などとスマホに向かって言うと、自動的に金額が入力され、カテゴリが食費に選ばれた状態になるので便利ではある。ただ、認識力は100%ではない為、特に難しい単語などは手入力のほうが速かったりもする。このZaimがDr.Walletのように、手入力をサポートしてくれるととてもありがたいのだが、人力での入力には未だそれには対応していない。PCサイトでもログインして管理できるので、両方で管理したい人には向いているといえる。

 

 

 

Enhanced by Zemanta