ポイントカードの作り方・使い方(初歩)

1、ポイントカードやポイントサイトってなんでこんなに多いんだろう。

 

moo cards are here!

ポイントカードやポイントサイトって世の中に山ほどあるけれど、そもそもポイントカードの利点ってなんだろう?ということを僕なりに考えてみた。考えた末出できたもの。というかキーワード的なもの。それはは「ちょい買い」だ。

僕だけかもしれないが、意外とポイントカードのポイントってたまらない。
僕の周りの人間でポイント使ってテレビを買った、パソコンを買った、冷蔵庫買った。なんて聞いたことない。ハッキリ言ってそこまでポイントって貯める事ってあるだろうか?中には何万ポイントも貯める人はいるかもしれないが、殆んどの人が途中で使ってしまうはず。

 

例えば電気屋でデジカメ買ったとする。そういやデジカメに使うメモリーカード無いから買わなきゃなぁと思った時、そういう時に貯まったポイント使えばあと100円足すぐらいで買えちゃうからポイント使っとくかぁってなる。これが僕の考える「ちょい買い」。

大きな買い物じゃなく、メモリーカードや電池や各種コード・ケーブル類そんな細々したものが欲しいけど、現金で買うのも億劫だ。そんな時に微妙に貯まったポイントってちょうど良い。

欲しい商品が半端な値段の時にポイント使うのも良い。3280円だったら280ポイント使って3000円にしようとか。これは「ちょい値引き」?

僕の場合はほとんどこの「ちょい買い」と「ちょい値引き」でポイントは使ってしまう。

 

2、ポイントを貯めたいなら

 

貯りにくいイメージがあるポイントカードやポイントサイトだが、比較的貯まりやすいモノもある。その1つとして僕が良く利用するポイントサイトが楽天市場だ。商品を買って貯めるだけではなく、ウェブ検索でもポイントが貯まるように楽天のツールバーを導入している。他にもクリックするだけでポイントゲットできたり、オークションに出品するだけでポイントついたり、結構知らず知らずのうちにある程度ポイントが貯まっていたりする。僕の場合はそこでちょっと貯まったポイントを使い、スマホの保護フィルムを買ったりマウスやキーボードなどを買ったりする。期間限定ポイントがあるので使わないともったいないのだ。その期間限定ポイントが結構大きい。

もっとも、使わず貯めるだけ貯めたいと言うのならほぼ毎日のようにやってるポイントアップキャンペーンを利用するのも手だ。
これは自動的にポイントが倍になったりする事はない。ちゃんと自分でキャンペーンに登録しなければならないわけだが、この「自分で登録する」事を知ってるか知ってないかで大きくポイント獲得数が違う。だって登録した上で商品を購入すると、ポイント10倍とか普通にあるからだ。 あとクレジットカードに抵抗なければ楽天カードを作るのも良い。これまた事前にキャンペーン登録した上で入会する事で大幅にポイントを獲得する事も出来る。

 

僕の主観だが、楽天市場はそんなに苦労する事なくポイントを獲得、増やす事ができると思う。

 

3、ポイントの使い方

貯めたポイントの使い方としては「現金の代わりとして使う」、「割引券の代わりとして使う」、後は「ポイントを使って商品やグッズと交換する」などがあると思う。
僕の場合貯めたポイントをグッズと交換する事も多い。

僕が特に利用しているグッズ交換サイトは任天堂が提供している『クラブニンテンドー』だ。任天堂のゲームソフトのパッケージの中に入ってる黄色の紙にシリアルナンバーをクラブニンテンドーのサイトで登録すればポイントが貯まるようになってるわけだ。

そこで貯まったポイントは任天堂のオリジナルグッズと交換できる。この交換できるグッズが意外と使えるのだ。物にもよるが、例えばマリオの帽子の形をした3DSポーチは形が帽子なので、収納しにくいところもあるが、クッション性能が良いので、ちよっとした衝撃にも耐えられるから量販店で売ってる3DSポーチ寄りもよっぽど使えるし、マリオのタオルハンカチやペンケースなども仕事用として結構使えて重宝している。

ゲームのオマケと切り捨てるのは簡単だが、あったら良いけどお金をかけるまでも無い小物類が揃っていたりするので、ここぞとばかりにしっかり使わせてもらっている。

僕は中毒なくらいゲーム好きなので、1年間の内で任天堂のゲームソフトを買う事が多い。また、ゲーマーでなくとも、お子さんがいる家庭でも子供のためにゲームソフトを購入する機会が結構あるはずだからこのポイントは利用するに越したことはない。

ただ面倒なのは自分でシリアルナンバーを入力しなければならないのと商品発送まで時間がかかるという点のみだ。あともちろんポイントには有効期限がある。失効する前にサッサと使っちゃうのが利口だ。

とにかくせっかくたまったポイントが消えてしまう事だけは避けたいところだ。貯め続けるのも良いが自分なりのベストなタイミングで潔く使う事も覚えておきたいものだ。

Enhanced by Zemanta
//