家計の見直し!(自動車購入時の保険等)

確実な節約方法

今、日本国内では株価が上がり、景気が上向き傾向にあると言われています。

しかし、少し前までは「景気が悪い」、「給料が上がらない」、「ボーナスが低い」と言った負の要素ばかりが言われ続けてきました。

I_could_sell_car_insurance_with_this_photo

だからこそ、いつまた前と同じ状況になるかわからないという不安は誰しも抱えているものだと思います。
基本給の昇給は私たちの家計にも大きく変化を与えます。

昇給はしないけれど、ガソリンや灯油、卵などの生活必需品の物価が上がると、必然的に家計を圧迫していきます。

そこで、家計のためにも節約を考えなければいけません。

今までは節約の候補として注目されやすかったのが、光熱費ですが、光熱費は原料の価格にも左右されてしまい、使用量は減っても使用料は大きく下がらないということもありました。

つまり、確実に節約が出来るというわけではないということです。

特に、円安になると原油価格も上がり、灯油やガソリンも値上がりし、使用量の減少よりも単価上昇の影響が大きくなることがあります。

そこで、確実に節約できるところを、家計の支出の中から見極める必要があります。

今回は、その中でも自動車保険について、私が分かる範囲でまとめてみました。

通販型自動車保険

まずは、皆さんもご存知だと思いますが、契約者(運転者)の年齢や保険の使用、未使用により保険料に差が出てきます。

しかし、それでは、年齢が上がるまで待たなければいけないため、保険料が安くなるまで時間が掛かってしまいます。

そこで、インターネットや電話などを介した通販型保険に切り替えると、保険内容や受けられるサービスはほとんど変わらずに、保険料を安くすることが出来ます。

保険料を安くすることが出来るのは、営業所を構えているか、いないかという違いが大きく、営業所を構えるということは、それだけ人件費や光熱費などの諸経費が掛かり、それが保険料に反映されてしまうからです。

通販型の注意点

しかし、通販型の保険に切り替える時に気を付けなければいけないのは、今までのように営業担当者の説明がないので、ある程度保険内容を理解しておく必要があるということです。

これさえクリアできれば、インターネットで通販型の保険会社の見積もりを一括で請求して、より安価な保険会社と契約することが出来るようになり、家計への負担も大きく減らすことが出来るようになります。

一度見積もりを取ってみることをおすすめします。

//

冬の光熱費節約術 :湯たんぽ、こたつ+ヒーター等の工夫

冬の光熱費節約術    寒い冬の季節になりましたね。
毎年この時期、暖房代などでいつもより光熱費が高くなり、困っている方も多いのではないでしょうか。

そこで、これから皆さんが自宅でできる簡単な節約方法をご紹介したいと思います。

Galego: Un botón para acender un aparato elect...

■湯たんぽ

夜中に寒くて目が覚めてしまうことがありませんか?
電気毛布や暖房をつけて寝てしまい、次の日起きた時乾燥して喉が痛かったという苦い経験をしている方もいると思います。

そこでおすすめなのが湯たんぽです。

湯たんぽは大きさ、形状など様々ありますが保温性に優れているので、寝ている間ずっと温かいです。電気毛布や暖房と違い乾燥もしないので起きた時、喉の違和感もありません。
使用後、朝は湯たんぽの残り湯を使ってお掃除などに利用すればさらに節約できます。

■こたつの中にヒーターの風を送る

家電量販店などでホース状のヒーターの風をこたつの中に送るものが売っています。
これを使うと、こたつのスイッチを入れなくても温かい風が入ってきてとても快適です。
室内もヒーターの風で温まりますし、一石二鳥です。
こたつやヒーターをお持ちの方は是非試してみて下さい。

■電気の使用を夜にする

契約によって違いますが、電気消費量が少ない夜から朝方にかけて電気を使用すると日中の電気代よりも安いという契約方法もあります。
日中は家にだれもいなくて夜電気を使うことが多い方は、そういった契約ができるかどうか一度電力会社の人に相談するといいと思います。
ちなみに、家庭の電気のアンペアによっても電気代が違ってきます。

■食事、お風呂などは同じ時間帯に

食事時間が違うと、温め直したりするのでガス代や電気代もかかりますよね。
なるべく家族一緒に食べれるように時間を調整すると節約につながります。
また、炊飯器の保温はなるべくしないほうが光熱費も節約できます。
食べる分だけ炊く、残ったらラップに包んで食べるときに温めるといいです。

お風呂も同じで入浴時間にバラつきがあると追い炊きしたり、お湯を足したりしなければなりません。なるべく同じ時間帯で入浴をすませれば、追い炊きやお湯を足さなくてもよくなります。

■家族の団欒の場所を一か所にする

各自の部屋で1つ1つ暖房を使用していては光熱費もかかります。
なるべく少ない暖房を使用するように、1つの部屋で団欒時間を過ごすことをおススメします。

■家族と話し合う

節約は一人暮らしでない限り、一人ではできません。家族の協力がないと効果がありません。家族でアイディアを出しあって毎日できることから始めることが大切です。

 

//

オール電化住宅:夜中の電気を有効活用して光熱費節約、タイマー機能

夜中の電気を有効活用して光熱費節約    オール電化住宅に一時期暮らしていた時の事を書きます。

オール電化住宅での節約方法

English: Timer of futon dryer 日本語: 布団乾燥機のタイマー

IHクッキングヒーターに関しては手持ちの鍋やフライパンが全て対応していれば非常に便利です。揚げ物の温度設定も、20分煮込むといった調理時間も、全て数字で管理できてしまいますし、吹きこぼれてもさっと拭けば汚さずに済みます。取り扱いが簡単、という点ではとてもおススメですが、光熱費の観点では特にIHだから得になるわけではないので注意が必要です。

エコキュートは夜中の安い電力でタンクにお湯を貯めて日中に使うもので、私が使っていたもののリモコンの表示を見ていると、深夜の安い電力時間が終了するギリギリまでお湯を沸かしていて、「ああ、最後に間に合うように調整して沸かしてるのか。確かに寒い夜中に80度のお湯を保温する電気は勿体ないからなあ」と感心したのを覚えています。

タイマー機能を賢く使う

それ以外のものは、オール電化に関係の無い家電製品ですが、タイマーや予約機能のあるものは徹底して電気代が安くなる時間に動くようにして暮らしていました。

エアコン、今の時期では暖房だと思います。普通に考えたら「朝起きて暖房のスイッチを付ける」ですが、それでは最初の急速暖房(つまり電気代がかかる)が割引時間帯に入らないので、予約タイマーを使って割引時間終了1時間前に動き出すようにセットしてしまい、「朝起きたらエアコンのスイッチを切る」ようにしてしまいました。設定温度が低めでも、1時間でそれなりに部屋全体が温まっているので快適に過ごせます。

洗濯機も洗濯物によっては乾燥機能まで使うことが多いので、この電気代も割引時間にシフトさせます。私が使っていた洗濯機は○時間後、という設定のタイマーでしたので洗剤を入れてスイッチを入れるときに指折り数えて○時間後、と設定をしていました。しかしこれは時々スイッチを入れ忘れ、洗濯乾燥がすべて終わっているものとして取り出したら実は何も洗っていなかった(つまり洗濯機に入れただけの状態)というミスがあってあわてたりもしました。

深夜の電気代で割引契約をしている方は、予約やタイマーをうまくセットして電気代を節約しましょう。”

Enhanced by Zemanta
//

全体的に家計見直し:家具、食事、家賃

外食を控えめにして自炊    “光熱費なら、所得が低い人は行政書士に尋ねたら、手続きして割り引いてもらえるはずです。家計のほうは、できるだけ安い家具、安い食事、安い家にすれば節約できます。

日本語: 日本のディスカウントストアの店先に積み上げられたトイレットペーパーとテッシュペーパー。

家具

安い家具というのは、中古品で揃えるようにします。リサイクルショップやフリマを活用して、新品で買ったら高いものを半額以下で買うとよいでしょう。

食事

安い食事では、牛丼チェーン店を活用して、280円の牛丼並がおすすめです。満腹感があるし、一般的に高いイメージの牛肉を食べることができます。焼肉ではない点が少々残念ですが、節約のためにも牛丼は効果があります。

家賃

安い家というのは、家賃の支払額に関してのことです。お金がなくて借金が返せないと言うわりに、家賃月額8万円といった高いところに住んでいます。半分の4万円のところにしたら、4万円余ります。部屋が狭くなりますが、4万円ぐらいなら探したらあるはずです。節約のためにはいたしかたのないことです。

家計管理

全体的に主にお金を使っているところがあるはずで、そのお金を使っているところで何か割引がないか考えてみてはどうでしょう。しかし、100円均一はおすすめしません。物があまり良くないからです。安物買いの銭失いになってしまっては節約の意味がないため、できれば一般的なストアで売っているものをディスカウントで買うほうが長持ちします。

食品に主に使っているとしたら、ディスカウントストアというカテゴリーはとくに注目に値する商品がたくさん揃っています。たとえば業務用で販売している食品をゲットできれば、味わいはよいし、コストも抑えることができます。いくら節約といっても、まずいものを食べて我慢するのではなくて、できたらおいしいものを食べて節約できるほうがよいです。

外食で生玉子を1個注文したら50円しますが、ディスカウントストアなら10個パックで100円ぐらいで売っています。ようするに生玉子の値段が5倍にもなっているのが外食です。できたら外食は控えめにしたほうが節約につながるでしょう。

*PR*

■少しでも安く引越しする為に!見積もり便利サイト

★★CMで有名なSUUMOの引越し見積サービス(無料)

【SUUMO】引越し見積もりならお手軽一括で!

★★住宅の物件数No1のCMで有名なHOMESサイト

HOME’S 引越し 見積もり

HOME’S 引越し 見積もり

★業者が選べる引越し価格ガイド

引越し価格ガイド

引越し最安値 比較

★引越しするなら引越しガイド

引越ガイド

500円引っ越し.com

 

//

我が家の節電方法 :こまめに明かりを消す。隙間風対策。

我が家の光熱費の節約方法です。

English: Japanese AC power socket. 日本語: 日本のコンセント

電気代の節約

普段から使っていないコンセントは抜くようにしてます。
例えばエアコンを使わない時期は抜いたり、何か使い終わったら必ず抜くようにしてます。
テレビの主電源も見ない時は常に切ってます。
二人暮らしなので部屋数は少ないですが、灯りをつけっぱなしにしないようにしてます。
ちょっとトイレに行く時、ちょっとその部屋を離れる時は、次に行く部屋の灯りをつけて主に過ごしている部屋の灯りを消すと言ったようにこまめに灯りを消します。
お風呂に入る時も浴室のみつけて脱衣所はつけません。
そして、寝る時は真っ暗です。
豆電球はつけません。
これらは初歩的な節電方法だと思います。
実際皆さんされていると思います。
そして、なるべく夏場や日が長い時期は早めに夕ご飯の準備に取り掛かり、お風呂も5時や6時ぐらいのまだ灯りをつけなくてもいい窓から入る光で十分な時間に済ませます。
そうすることで、夕ご飯の支度の時やお風呂の灯りは使わないので節電に繋がります。
これは全て夫がそうするように言っているので私がそうするように考えて行動したわけではありませんが、夫の影響で自然とそうするようになりました。
私は専業主婦で収入がないのでなるべく夫の言うことに従って節約しなければと思っています。
あと、我が家は冬場に一気に電気代が上がります。
それは上で書いたように私が専業主婦で常に家にいて寒がりなので暖房をつけるせいもあるんですが、周りの友達に聞いてもあまりにも冬場の電気代が高すぎるので漏電がないか電力会社に電話したりこういうふうにしたらいいと言うふうにアドバイスをして頂きました。
我が家は普通の一軒家の造りではなく、とりあえずの住まいなので倉庫の一部を改築した住まいなんです。

隙間風対策

倉庫自体も古いしサッシなどは改築してもそのまま使っているのでとにかく隙間風が酷いんです。
電力会社の方のアドバイスでまずは隙間風対策をしました。
せっかく暖房をつけて暖かくなっても、すぐ部屋が冷えてしまうのは隙間があるからなんだそうです。
だから、まずは隙間を埋めていくことが大事とアドバイスを頂き気になる隙間を埋め、更に窓には夏は涼しく冬は温かくなるようなシートを貼りました。
これでだいぶ室内が寒いのは解消されました。
それによって暖房もそんなに使わないので今までよりは節約出来ていると思います。

Enhanced by Zemanta
//

光熱費を節約(まとめ):電気代、ガス代、水道代

光熱費を節約する    “2年前に中古ですが戸建て住宅を購入して、住宅ローンを支払うことになりました。
その後に旦那のお給料が下がってしまい、住宅費用は節約できませんが、毎月かかる光熱費を見直したら少しは節約になるかなと考えました。

光熱費は少し工夫するだけで、節約することができますし、一年トータルで考えるとかなりの費用が節約になります。
特に冷房しなくてはいけない夏の暑い時期、暖房が必要となる冬の寒い時期をどう乗り切るかが大事になってきます。

私がやった節約方法を紹介します。我が家の家族構成は30代前半の夫婦と、2歳の娘と3人家族で私は専業主婦をしています。

English: Japanese AC power socket. 日本語: 日本のコンセント

電気代の節約

まず電気代についてですが、無駄なところに電気をつけないようにしました。それまでは旦那が電気を付けっぱなしにするなどがありましたが、そういったことを気をつけてもらうようにしました。電気はコンセントにさしているだけでも消費電力が少しかかってくるので、使っていない時はコンセントから抜いておくことにしました。
旦那は夜遅くまで一階でテレビを観ていて、私は寝室で読書やスマホでネットをしていることが多かったのですが、一階で一緒に過ごすことにしました。

冷暖房の節約

冷暖房に関しては冷房は28℃設定にして、扇風機を併用して部屋に涼しい風を送ります。そうすることによって、設定温度を下げるよりも電気代を抑えながら涼しくすることができます。暖房はこれまでエアコンをがんがん使っていたのですが、石油ファンヒーターに切り替えました。

ガス代の節約

ガス代に関しては、調理をする際、お風呂を沸かす際にかかってきます。
なるべく調理をする時にはまとめて調理をして、煮るなどに時間がかかるものはあらかじめレンジで加熱しておくなどして時間を短縮しました。お風呂は旦那が早く帰ってくるようになったので、家族みんなで一緒に入るようにして追い炊きをするのをやめました。

水道代の節約

水道代に関してはお風呂を一緒に入るようにしたので、これまでよりも水位を下げて設定して、残り湯は洗濯の洗いに使うようにしました。
お皿を洗う時には汚れた状態から水で洗うのではなく、あらかじめ油がついたお皿などはボロ布なので拭いておくことにしました。

こういった工夫をそれぞれにすることで、光熱費の削減につながりました。
我が家の家計が助かるのはもちろんのこと、エコにもつながっているので続けていきたいなと考えています。”

*PR*

■太陽光で長期的な電気代節約も可能に。中長期では売電による収益も。

88_31

太陽光発電のグリーンエネルギーナビ   

(PR)太陽光発電、ソーラーパネルで節電。見積り・比較サイト

太陽光発電(ソーラーパネル)比較・見積もり

グリーンエネルギーナビ

オール電化の導入なら

//

住宅ローン:早期返済に向けてポイント管理

住宅ローンが少し楽になりました    “我が家は15年間の住宅ローンを払っています。
今が二年目ですが、毎月何とか返して行けている状態です。
この住宅ローンを組むとき、ローン初心者の私は、主人や弟など詳しい人に任せていましたので内容はよく分かりません。
ただし「途中でお金が貯まったら返済しておくほうが、後々の返済が随分楽になるらしい」ということだけは理解しました。

English: Dreghorn Loan

早期返済で家計が楽に

子供の教育費等がかかるようになる前に・・と、毎月の家計からコツコツと貯めたお金が少々貯まったので、先日早期返済として少額ですが予定額より多く返済することが出来ました。
全体から考えると微々たる金額ですので、そこまで期待はしていなかったのですが、返済始めてから2年目という初期の頃の返済だった為、利息がかなり変わりました。
どういう仕組みか私には説明できませんが、月々の支払いに思ったより影響が出てびっくり、聞いてみると、ローンの終わりかけにまとめて返済してもそれほど旨みは無いのだそうで、始めの頃だからこそ利息の変動が大きく、月々に換算すると随分変わったように感じるのだとか・・「決してゆとりのある家計では無いのに、良く頑張って貯めてくれました」と主人からお礼を言われました。

こまめな管理でポイントかせぎ

こうなってくると俄然やる気が湧いてくる単純な私、ローン返済に少しでも当てようと日頃の買い物にも色々と工夫を凝らしています。
現金は使わず全てクレジットカードの一回払い、近くのスーパーで食料品を買うときも、コンビニで買い物をするときも全てそうしています。
勿論分からなくならないように細かく帳簿に付け、使った金額はすぐに銀行に入金するのですが、この手間をかける事でクレジットカードのポイントや、ショッピングモールのポイントが面白いほど貯めることが出来ます。
今では子供のもの以外の自分の洋服や趣味の物は、全てポイントで賄えるほどです。
また元々貯蓄してあったお金を担保として借りる方が、断然利息が安い事を知り、全額は怖いので3分の1程度はそこから借り入れをして、ローン返済に回しました。
こうしたやりくりで、住宅ローンが思ったより苦にならなくなりましたよ。

*PR*

■家を借りるのに便利なサイト

お部屋探しの【door賃貸】入居決定で最大5万円もらえる!

住友不動産販売

マイナビ

SUUMO

マンションnavi

//

木造家屋の断熱対策:発泡スチロールを利用した暖房費対策

今年も師走。冬も愈々本格化してきました。室内気温が10度cを下回ってきますと、いよいよ暖房の出番です。私の住んでいる三重県の中部は、冷え込みも雪もさほどではありません。ひと冬に最低気温が0度c以下になる日は10~15日間くらいです。雪は1センチ積もることがあるかないかです。このような環境なのですが、他所から来た人は寒い寒いと言います。それは堀坂下しと呼ばれる強い風が吹くからです。若狭湾から琵琶湖を通って伊勢平野に吹き降ろしてくる風が堀坂下しです。この風は当地方の冬の風物詩の一つです。毎年この風に吹かれている私は、堀坂下しが強くないと冬が来たと言う気持ちになりません。

木造家屋の断熱対策

Description unavailable
暖房にかかる光熱費を少しでも減らすには堀坂下しの強風に対する備えをすることが一番になります。木造家屋ですから何も隙間風の対策をしていませんと、部屋の中を風がスーと流れていくのを感じることがあります。温まっていた部屋もすぐに温度が下がってしまいます。暖房費を抑えるには隙間風対策が欠かせません。窓のある洋室、広い続きの部屋、浴室、トイレなど堀坂下し対策をしています。若くて体力があった頃は少々の隙間風や冷えは体力で押し切って行ったのですが、60歳を超えて来ると自分は何も変わっていないと思っていても体力が確実に落ちています。

暖房費を節約するためにやっていることの一つは発泡スチロール板を使うことです。DIYの店で厚さも使用する場所によって色々ですが300円程度で板を買ってきて、窓などのサイズに合うようにカッターナイフで切り、北向きの浴室と脱衣室の窓に取り外し自由な形ではめ込んで保温効果を上げています。発泡スチロールの保温効果はよくて、浴室暖房器の保温効果やお湯の温度の維持に貢献していてくれます。ちょっとしたことで暖房費が節約できると感じました。

発泡スチロールは広い部屋の仕切りに使っています。何も上まで仕切ることはなく、1メートルの高さまで仕切っておけば冷たい空気が部屋の中を流れるのを防止できますから暖房費の節約になります。まだまだ発泡スチロールの効果的な使い方は色々あります。”

*PR*

//

使い方で節約!光熱費僅かな気配りと節約が大事です

我が家は4人家族なのですが、自宅が職場を兼ねているためかなり広いのです。
その為使っている部屋を一歩出ると、外と同じくらい寒いという状況になります。
そんな我が家の冬の光熱費には、毎年頭が痛い所です。

The fan heater (Kanazawa Univ. Kodatsuno Campus)

窓に透明の結露防止フィルムを貼る

灯油代がここ最近高くなっているため、ファンヒーターを使用するのも考えてしまいますよね。
だだっ広い我が家の断熱対策として、窓に透明の結露防止フィルムを貼っています。
結露によるカビ防止は勿論、地震などがきた時にも窓がらすが飛び散らないという利点がありますし、ただ一枚透明のフィルムを貼っただけで、熱の流出がかなり防げます。
寝室など本当に違いますから、試してみてください。

ファンヒーター付けておいた方が安く上がる

あとはファンヒーターの使い方も工夫しています。
ファンヒーターって、設定温度になるまでが一番電気代も灯油代もかかりますよね。
その後一定温度になってしまえば、よほど出入りをしない限り、フル稼働する事はありません。
勿体無いからとこまめに消すより、10~20分席を立つだけなら、付けておいた方が安く上がる事を最近知りました。
勿論つけっぱなしにするのは良くありませんが、せっかく一定温度に暖まっている部屋を一度ゼロの状態にして、フル稼働で暖めるよりは効率的です。
それで思い出したことが一つあります。

チョロチョロと水を出しておいて溜めるほうが、断然水道代が安い

今は電気温水器なので出来ませんが、私が子供の頃などはガスで沸かすお風呂でした。
よって水を先に溜めておいて、入る前にガスで沸かすのですが、その水を溜める際、蛇口を全開にしてザーと出し短時間で溜めるよりは、朝からチョロチョロと水を出しておいて溜めるほうが、断然水道代が安いのです。
よってうちの祖母などは、必ずそうしていました。
子供心に「水が出しっぱなしで勿体無い」と思ったとき、祖母から説明を受けて納得したのを覚えています。
これも生活の知恵ですよね
何をするにも一気にフル稼働させるほうが、燃費が悪いというか経費がかかるようです。
ファンヒーターも同じなんだなあと深く納得したため、最近は使い方にも工夫しています。
こうした僅かな節約が大事ですよね。

Enhanced by Zemanta

(PR)セキュリティの見積り・資料請求が出来るサイト

ホームセキュリティはセコム

ALSOK

//

ガス代の削減方法

ガス代の削減を重点的にしています。    “結婚して家探しの際、家賃の安いところを第一条件で探しました。

日本語: 東横化学のプロパンガス。
一人暮らしの頃から何度もお世話になっている不動産屋に物件探しをお願いしたので、表には出されていない特別物件を紹介していただけました。
家賃は安く、敷金礼金もゼロのところだったので初期費用は保険代などだけでほとんどかかりませんでした。
部屋も2DKで充分の広さで独立洗面台もついているし、かなり好物件だったと思います。
ただ少し駅から遠い点が残念でしたが、いつも自転車移動のためとくに不便なこともありませんでした。
ただひとつ、問題がありました。

賃貸マンションで利用しているプロパンガス会社が高い

それはガス代がとにかく高いことです。
そのプロパンガス会社を調べてみると高くて有名なところでした。
引っ越す前までは4000円ほどだったガス代も、今の家では10000円以上が当たり前になってしまいました。
しかも冬場はさらに高くなってしまいます。
そのため、我が家の節約方法はガス代の削減を重点的に行っています。

ガスを極力使わない生活

まず、洗い物はためずに使用したらすぐに洗います。
そうしたことで、お湯を使用せずに水だけで汚れが落ちます。
冬場の寒い時にはゴム手袋をして冷たさを凌いでいます。
次に、お湯を沸かす時は電気ポットで沸かすようにしています。
また、料理をする時も電子レンジで予熱してから煮物を作ったり、なるべく一品は電子レンジ料理にして、ガスを極力使用しないようにしています。
そして、一番ガスを使用するお風呂ですが、仕事で疲れている旦那さんにはケチなことをしたくないので、平日はとくに何も節約のことを考えていません。
しかし、休みの日は家族全員で一緒にお風呂に入るようにしています。
そうすることによって、お湯は少なく済むし、コミュニケーションも増えて、一石二鳥になります。
こうしたことで、我が家はガス代を抑える努力をしています。
最近は住居費をもう少し抑えたいと思うようになり、都営住宅などに応募しています。
都営住宅なら住居費を抑えられるので、当選するといいなと思っています。

Enhanced by Zemanta
//